エステプルメリア②.jpg


TOPICS!

☆ブログ、始めました!
アーユルヴェーダコズミックスクールのブログ →  店長のブログ

ページトップへ

喜び女性②.jpg

                                       アーユルヴェーダってなあに?

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で「生命の科学」「長寿の知恵」という意味で、WHOでは予防医学として認められている浄化療法であり、人が自然と共に幸福な健康寿命を生きるための自然療法です。アーユルヴェーダでは人間の健康寿命は120才くらいまであると考え、どういう食事や運動法、生活法〔ライフスタイル)を送れば幸福に健康に寿命を全うできるのかという長寿の知恵がいっぱい詰まっています。実は幸福に生きる一番の秘訣は、自分の内側に既に幸福があり、宇宙の叡智があると気づくことなんです・・・。

アーユルヴェーダでは宇宙は「地・水・火・風・空」の5つの元素で出来ていて、その元素が組み合わさってヴァータ・ピッタ・カパというドーシャ(病素)と呼ばれるエネルギーが形成されていると考えられています。私たちは宇宙そのものなので、私たちのからだの中にも宇宙はあり、宇宙の法則があります。ドーシャは私たちの体質や体調、季節や年令、時間帯など全ての中に存在します。本来の自分はどんな傾向に陥りやすいのかを知り、3つのドーシャのバランスを取るように心がけて生活すると、未病を防ぎ、健康を維持ですることが出来るのです。特に女性は生理、妊娠、出産、更年期など女性特有のお悩みを抱えていますが、そんなお悩みにもアーユルヴェーダは強〜い味方になってくれるのです。

アーユルヴェーダでは、宇宙の法則や自然のリズムに則った生活をし、不要な毒素や未消化物をどんどん排出(デトックス)し、ドーシャや体調にあった食事法や運動療法を行う事で、からだや心がどんどん楽になり考え方やライフスタイル、生き方も変わって来ます。アーユルヴェーダは自然と共に、宇宙の法則と共にイキイキと楽々と生きる道なのです。

ページトップへ

アユルヴェーダブロンズブッダと白い花.jpg

                                                                      アーユルヴェーダの発祥と歴史

アーユルヴェーダは世界最古の医学とも言われていて、その考えは中国では鍼灸、漢方、気功、薬膳、イギリスではアロマ、インドネシアではバリニーズなどに影響を及ぼし、世界中に伝わっています。日本でも奈良時代、仏教の伝来と共に、座禅や様々な文化の中にアユルヴェーダの精神は息づいています。

人類の歴史を紐解いていくと黄金の時代と呼ばれる神話の時代には人は200才位までも生きていたと言われますが、銀の時代から銅の時代へ移行し、5000年くらい前から鉄(カリガヤ)の時代に入り、文明によって自然が破壊され人間の寿命も短くなっていったとリシ(賢者)達が嘆いていました。そこでリシ達はなんとかして黄金の時代に戻そうとヒマラヤの麓に結集して瞑想し、神々に祈り、ブラフマー神に教えを乞うて啓示を受けたのが、アーユルヴェーダの始まりと言われています。ヨガも瞑想もアーユルヴェーダ哲学と密接につながっているわけです。

そういうわけで、アーユルヴェーダは瞑想(メディテーション)と祈りの中でブラフマー神から降りて来た人類最古の伝承医学であり、自然に即した生き方を提唱する自然療法であり、未病を防ぐ予防医学であり、昔ながらのおばあ達の智恵のように生活の中に息づく生命の科学なのです。

ページトップへ

エステアース②.jpg




本来のあなたがありのままに輝くと、
地球は愛と至福の花園になります。

ページトップへ


当サロンのセッションは完全ご予約制です。不定休ですので、事前に必ずお問い合わせいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。